天北線
たしか朝4時台の始発に乗車した為、居眠りをしてしまい当時の写真は少ないです。^^廃線後に訪れた時の写真もあります。廃線後の状況は、音威子府〜浜頓別間は比較的保存状態も良いので、廃線巡りにはおすすめです。浜頓別以北はかなり整備された場所が多く当時の面影は少ないです。

音威子府-上音威子府-小頓別-上頓別-恵野(仮)-敏音知-周磨-松音知-上駒(仮)-中頓別-寿(仮)-新弥生(仮)-下頓別-常盤(仮)-浜頓別-山軽-安別(仮)-飛行場前(仮)-浅茅野-猿払-芦野-鬼志別- 小石-曲淵-沼川-樺岡-恵北-声問-宇遠内(仮)-南稚内
(総営業キロ 148.9k)

●全線開通年月日 大正11年11月1日
●廃止年月日 平成元年4月30日

音威子府駅 音威子府駅で出発を待つ始発の稚内ゆき
(昭和60年8月撮影)
2枚入ってます
歌登町営軌道橋梁 小頓別駅付近にある歌登町営軌道の跡
(平成5年9月撮影)
上頓別駅NO.1 上頓別駅駅舎と駅名標
(昭和60年8月撮影)
上頓別駅NO.2 廃止後の上頓別駅駅舎と駅名標
(平成5年9月撮影)
松音知駅 廃止後の松音知駅ホーム
(平成5年9月撮影)
2枚入ってます
中頓別駅 中頓別駅駅名標
(昭和60年8月撮影)
飛行場前(仮) 廃止後のサイクリングロードになった
飛行場前仮乗降場

(平成5年9月撮影)



ページTOPへ




                             Copyright(C)2001-2017 北海道廃止ローカル線の旅 AllRights Reserved.
                                  掲載の写真、記事などの複写、転載等はご遠慮下さい。