名寄本線
当時、本線としては唯一廃線候補にあげられた線区だが、沿線に紋別のような市制施行地があるので廃線はまぬがれるだろうと考えていたので、廃止が決まった時は残念でなりませんでした。せめて遠軽〜紋別間だけでも残せないものかと勝手に考えてしまいましたが、そうゆうわけにはいかず平成元年に廃止になりました。廃線跡は興部から名寄方面がおすすめです。

名寄-中名寄-上名寄-矢文-岐阜橋-下川-ニノ橋-幸成(仮)-一ノ橋-上興部-西興部-六興(仮)-中興部-班渓(仮)-宇津-北興-興部-旭丘(仮)-豊野-沙留-富岡(仮)-渚骨-潮見町-紋別-元紋別-一本松(仮)-小向-弘道(仮)-沼ノ上-旭-川西-中湧別-北湧(仮)-上湧別-共進-開盛-北遠軽-遠軽
(総営業キロ 138.1k)

●全線開通年月日 大正10年10月5日
●廃止年月日 平成元年4月30日

一ノ橋駅 一ノ橋駅駅名標
(昭和60年8月撮影)
上興部駅 廃止後の鉄道記念館になった上興部駅
(平成5年9月撮影)
中興部駅 中興部駅駅名標
(昭和60年8月撮影)
班渓仮乗降場 班渓仮乗降場ホームと駅名標
(昭和60年8月撮影)
渚骨駅NO.1 渚滑駅に停車中の渚滑線列車と
名寄本線の列車

(昭和60年3月撮影)
渚滑駅NO.2 渚滑駅駅舎
(昭和60年3月撮影)
紋別駅NO.1 紋別駅駅舎
(昭和60年3月撮影)
紋別駅NO.2 紋別駅改札の時刻表
(昭和60年3月撮影)
一本松仮乗降場 一本松仮乗降場ホームと待合室
(昭和60年3月撮影)
中湧別駅NO.1 中湧別駅駅舎
(昭和60年3月撮影)
中湧別駅NO.2 中湧別駅駅名標
(昭和60年3月撮影)



ページTOPへ




                             Copyright(C)2001-2017 北海道廃止ローカル線の旅 AllRights Reserved.
                                  掲載の写真、記事などの複写、転載等はご遠慮下さい。