広尾線
広尾線には乗車したことが無く、廃線後に一度訪れましたが、鉄道公園として保存されている駅が多くその名残は沿線各地で見ることができます。

帯広-依田-北愛国-愛国-大正-幸福-中札内-更別-上更別-忠類-十勝東和-大樹-石坂-豊似-野塚-新生-広尾
(総営業キロ 84.0k)

●全線開通年月日 昭和7年11月5日
●廃止年月日 昭和62年2月1日

幸福駅 廃止後の幸福駅ホームと保存されている
キハ22

(平成6年9月撮影)
忠類駅NO.1 交通公園として保存されている忠類駅駅舎
(平成6年9月撮影)
忠類駅NO.2 交通公園として保存されている忠類駅ホーム
(平成6年9月撮影)
広尾駅NO.1 バスターミナルとして残存する広尾駅駅舎
(平成6年9月撮影)
広尾駅NO.2 広尾駅ホーム跡には各車両が保存してあった
(平成6年9月撮影)



ページTOPへ




                             Copyright(C)2001-2017 北海道廃止ローカル線の旅 AllRights Reserved.
                                  掲載の写真、記事などの複写、転載等はご遠慮下さい。